復縁の冷却期間

冷却期間はどれくらいの期間が良いのか?

復縁の冷却期間って結構悩みますよね?

 

相手と連絡を取らない方がいいのか、連絡とった方がいいのか悩みます。
復縁するうえで結構重要なのですが、連絡を取らない、相手からそのまま連絡がないとホントに不安になりますよね。

 

もし連絡しないままで相手が新しく好きな人ができたら・・・・
とか考えてしまったりすると電話した方がいいのか悪いのかよくわかりませんね。

 

これはかなり難しい問題です。
この場合は大まかにわけて、あなたから別れを切り出したか、相手が別れを切り出したかによります。

 

あなたから別れを切り出した場合で復縁したい場合は早めに連絡を取った方がいいですね。

 

相手はまだあなたに対して気持ちがあるので今のうちに連絡を取った方がいいのです。

 

しかしややこしいのは相手から別れを切り出された場合です。
この場合はいろいろな復縁の方法があるわけです。

 

例えば相手もあなたも未練がある場合は冷却期間は設けず、早めにコンタクトする方がいいのですが、
相手が完全にあなたを拒絶してる場合はやはり冷却期間を設ける方がいいのです。

 

というも相手に連絡が取れない、相手が拒絶するというのはある程度相手に冷静にものを考えさせる時間を与えたり、相手に
「もうあなたと会えない」と思わせることが重要だからです。

 

人間だれでももう会えないと思うと少し気がひけるものであります。

 

その心理を使う方が復縁に成功するうえでは重要なのです。

 

冷却期間を設けないと相手はあなたといつでも会えるという気持ちを増やしてしまうのであまりいい結果にはなりません。

 

一部の復縁探偵などはあえてあなたから「好きな相手ができた」と伝えるテクニックなどを使用する場合もあるとされています。
これは相手の心理を揺さぶることが目的なのです。
相手はあなたがまた電話してくるだろうと考えているのですが、そこで生まれる気持ちというのはあなたとまたいつでも会えるという
言い方は悪いのですが「少し馬鹿にした」という気持ちが生まれてきます。
そうではなくあえてあなたから「他に好きな人ができた」と伝えることで「もうあなたと会うことはできない」と思わせ、相手の気持ちを少し変えることが目的なのです。
恋愛はある意味駆け引きの部分が強い場合もあるのでこのようなテクニックを少しずつ織り交ぜながら復縁を迫ることも有効な方法と言えます。

 

ずるいと思うかもしれませんが相手とまた愛せる状況をつくるためにもこれらのテクニックというのは小出しに使っていくことをおすすめします。